マヤの予言

2012年に人類が滅びる! と、話題になり、ちなんだ映画などが発表されました。そ
れはあくまでも憶測であるのですが、地球環境を破壊している人類にとっては、もはやた
だごとではないのです。

中央アメリカに位置するメキシコ南東部ユカタン半島古代文明マヤ文明が栄えました。密
林の中に埋もれていた数々の遺跡を研究する中、一つの暦が発見されます。それがマヤカ
レンダーです。

マヤ文明はかつて人見供犠が行われ、暦と予言のための密接な関係をもっていました。ま
た、彼らが天文学にもすぐれ、遺跡からは星の位置や月の満ち欠け、太陽の変化を記録し
てきたのです。

マヤカレンダーによると紀元前3113年から始まり5125年で終えています。計算す
ると西暦2012年12月22日、ここから先がないということ。
昨今では地球の異常気象により、地球環境に変化が現れています。
太陽の黒点が増加し、太陽フレアが起こる。そうなるとプラズマが放出され大きな磁気嵐
がとなり、地球に大きな影響を及ぼすとも言われています。
地殻変動で滅びるとも言われていますが、果たしてどうでしょうか?
ノストラダムスの大予言を彷彿させる、それだけは言えますね。楽天 お嬢様酵素